日記

日記

目新しいものや奇抜な作風に全く魅力を感じない歳になったと気がつくには、歳をとりすぎていたし、第一、小説よりもじぶんの人生のほうがよっぽど面白いのだから語るに窮する。語彙力こそが知性をはかるものさしであるという人もいる。ボキャ損だと自嘲気味に声明した元首相もいましたね。田村隆一という詩人は難しい語彙を避けた。詩人の資質は語彙には宿らないからだが「トンネルガー抜けたらヤバいくらい雪 マジ白さパない」「山椒魚はガチで落ちた」羨ましい話だ…。…これよりチビでデブヽ( ̄▽ ̄)ノバカらしい。じゃあ100キロの私は死なないといけませんね。生きてる価値ないんやろ()えっ?!